睡眠薬は通販できる?市販の睡眠導入剤は効果なし

MENU

睡眠薬,処方,通販,市販

 

当サイトは睡眠薬専門サイトになります。当サイトには睡眠薬について多くの知識や情報を提供してあります。

 

効果のある睡眠薬と効果のない睡眠薬とは?
睡眠薬の種類や副作用や致死量に関して
睡眠薬の成分や依存性
病院で睡眠薬を処方してもらう難しさと料金
睡眠薬を安全に最安値で通販する方法

などなど他にも多くの専門的情報を載せてありますので正しく効果的に使用する為に是非参考にして頂けると幸いです。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

睡眠薬は薬局で市販されている?

睡眠薬,処方,通販,市販

 

CMやドラッグストアなどで販売されている睡眠薬は実際に効き目があるのか?

 

就寝前などに考え事をしてしまう。または、寝つきが悪いといったいわゆる睡眠障害

 

このような症状で病院に行き、診断をする事に抵抗があったり、また時間を作れないという方は大勢いると思います、こうした症状でわざわざ、お薬を処方をしたりと、手間をかけるのも面倒くさい!

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

また、何科での受診を受けるのか分からないと思っている方も多くいらっしゃるのでは?

 

こうした理由から、街のドラッグストアで販売されている市販薬の「睡眠薬」が多く売られています。

 

また、近年では市販薬の睡眠薬でも、寝つきをよくする睡眠薬は良く売れているます。

 

では、ここで本当にドラッグストアなどで販売されている「睡眠薬」は本当に効くのでしょうか?

 

ここで気になるのは、市販されている睡眠薬の効果は、どの程度、不眠に効果があるのか?という疑問をお持ちではないでしょうか?

 

市販されている睡眠薬には「強い眠気をもたらす効果」は処方薬に比べて、その効果はありません。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

代表的なお薬としては「ドリエル」「ネオデイ」などがありますが、ここで間違っていけないのは、市販されているこのようなお薬は「睡眠薬」ではありません。

 

正式に言うと「睡眠改善薬」になります。

 

では、何故このような呼び方になるのかを説明します。

 

睡眠薬と睡眠改善薬とでは、含まれている有効成分や、そのお薬の効果に差があるためにあります。

 

睡眠薬は医薬品の中でも「向精神薬(こうせいしんやく)」に分類されます。

 

それでは「向精神薬」を簡単に説明すると「睡眠薬は違法薬物(麻薬など)と同等の危険性がある」という事を意味しています。

 

従って、医師に診察をしてもらい、処方薬として出してもらわないといけません。

 

このような危険性を伴う医薬品ですから、仮に自分が病院などで診察を受けて処方してもらったとは言え、自分以外の人に渡す行為は薬事法の規定により禁止されている行為となります。

 

この理由から、ドラッグストアなどで「睡眠薬」が販売されることはないのです。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

睡眠薬は簡単に処方してもらえる?料金は?通販購入のメリット

睡眠薬を病院で処方して貰うのと通販で購入を比較
睡眠薬を病院で処方してもらう場合と、通販を利用して購入する場合を比較して、通販で購入するメリットをまとめてみました。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

通販サイトで睡眠薬を購入する場合、処方せん不要で購入する事が出来る

通常、睡眠薬を購入する為には病院で診察を受け、医師に処方せんを出してもらい、調剤薬局で購入する必要があります。

 

通販サイトで睡眠薬を購入する場合には、処方せん不要で購入する事が可能です。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

通販サイトで睡眠薬を購入する場合、来院不要で自宅で購入する事が出来る

睡眠薬は、主に内科、心療内科、精神科などで処方してもらうことが出来ますが、心療内科や精神科への良いイメージを持っていない方も多く、来院するのに足を運びづらいと言った方が多く見られます。

 

また、仕事が忙しく、病院へ定期的に通うことが出来ない場合など、自宅からインターネットを通して睡眠薬を簡単に通販購入する事が可能です。

 

特に通販利用者の多い方は、一度病院で処方してもらった睡眠薬と同じお薬を購入することで、環境によって定期的に通院できない方でも、睡眠薬を購入する事が可能です。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

通販サイトで睡眠薬を購入する場合、価格を安く購入する事が出来る

睡眠薬を病院で処方して貰う場合、診察料や場合によっては検査費用もかかる場合もあり、処方せん料と睡眠薬のお薬代も必要です。

 

通販サイトを利用して睡眠薬を購入する場合、睡眠薬のお薬代だけで購入する事が可能です。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

通販サイトで睡眠薬を購入する場合、誰にも知られずに購入する事が出来る

病院で処方してもらう場合、勿論診療記録も残ります。睡眠薬は睡眠障害を改善するのに効果的なお薬ですが、あまり良いイメージを持たれていない方も多いです。

 

プライバシー厳守の通販サイトを利用して睡眠薬を購入する場合、商品名記載なしで配送が可能です。

 

また、自分で届いた荷物を好きな郵便局に受け取りに行く郵便局留めを利用すれば、誰にも知られずに睡眠薬を購入する事が可能です。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

睡眠薬を通販購入する多くのメリット

サイト管理人は何時も通販サイトを利用して睡眠薬を購入しています
サイト管理人は、普段睡眠薬ランキング1位にもなっているルネスタジェネリックを愛用しています。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

私が仕事やプライベートがあまり上手くいっていなかった時期に、布団に入った後に色々と考え混んでしまい、次第に中々寝れなくなってしまいました。

 

週の半分以上、朝方まで寝れない時期が1ヶ月ほど続き、精神的にも体力的にしんどくなったので、何時も風邪を引いた時にお世話になっている近くの内科で相談した所、アモバンという睡眠薬を処方してもらいました。

 

早速、アモバンを処方てもらった夜に、医者から注意された「布団に入る直前に睡眠薬を飲んで下さい」を守り、寝る直前に飲みました。

 

その後、すぐ記憶がなく、朝までぐっすりと眠ることが出来ました。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

寝れた事にはとても満足だったのですが、寝起きに口の中に物凄い苦味があり、その後しばらく飲物や食物に関しても何を口にしても苦味が苦痛でした。

 

そこで、医者に相談した所、ルネスタというアモバンの苦味を改善した睡眠薬を処方してもらったのです。

 

ルネスタは、多少苦味はあるものの、アモバンと比較しても大分改善されています。

 

それ以来、私はルネスタを手放せなくなってしまっていましたが、やはりそうなってくると毎月かかってくる費用面です。

 

また、病院に行き1回でもらえる量は3週間分が限度な為、3週間に1度は時間の都合を付けて病院へ行かなければなりません。

 

仕事が忙しい私は、中々病院へ行ける時間も作ることが出来ず、睡眠薬が無い時は寝れなくなってしまう為、とても困りました。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

ネットで色々としらべた所、通販でルネスタジェネリックを購入する事が出来る事を知り、早速購入しました。ルネスタジェネリックは睡眠薬でも一番売れているようです。

 

購入したルネスタジェネリックがすぐに届いたので、早速試してみました。

 

ルネスタジェネリックは、ルネスタと同じ成分エスゾピクロンが配合されているジェネリック医薬品なので、効果も違いがありませんでした。

 

ルネスタと比べてもジェネリック薬なので、薬代も安く購入する事が出来、診察料や処方せん料がかからない為、かなりの節約が可能です。

 

それ以来、今でもルネスタジェネリックを手放せないので、通販サイトでルネスタジェネリックを定期的に購入しています。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

睡眠薬の比較とおすすめ睡眠薬ランキング

睡眠薬,処方,通販,市販

ルネスタジェネリック(フルナイト)成分:エスゾピクロンの特徴

当サイト管理人である私も実際に服用している睡眠薬です。
超短時間型の睡眠薬で即効性はもちろんのこと、中間型以上のお薬によくみられる副作用である、「眠気や倦怠感」などの副作用も比較的少ないと言われてます。
これは効果の持続時間に関係しており、超短時間型の特徴である「効き目が早く抜けやすい」というところが大きく関係しています。
個人輸入などの通販サイトなどで安価に入手できます。
寝つきが悪く眠れないと言った「入眠障害」にお勧めです。

価格 1錠72円
評価 評価5
備考 2mg×50錠 2mg×100錠

睡眠薬,処方,通販,市販

バスピン(バスパー)の特徴

バスピンの主成分「ブスピロン」は、非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬ですが、不安症状やうつ病などの心的な症状を緩和させると同時に、筋弛緩作用があることからリラックス効果が期待でき、入眠を促す効果もあります。
デパスやエチラームの向精神薬に指定されたことにより効果が似ていることから代替え商品として販売しているサイトも多いお薬です。
不安を感じて眠れない方にお勧めです。

価格 1錠27円
評価 評価4
備考 5mg×200錠 10mg×100錠

睡眠薬,処方,通販,市販

ハイプナイト(HYPNITE)の特徴

ハイプナイトは1位のフルナイトと同じルネスタのジェネリック医薬品です。
効果も作用も両者ともに同じで、超短時間型の睡眠薬です。
実際にフルナイトを購入する前に使用していましたが、服用した感じはほぼほぼ同じです。
服用後すぐに眠気が起こり気づいたらといった感じで即効性があります。
ルネスタジェネリック(フルナイト)の在庫がなくなった時などにはお世話になっています。
寝つきが悪い方にお勧めです。

価格 1錠56円
評価 評価4
備考 1mg×50錠or100錠 2mg×50錠or100錠 3mg×50錠or100錠

睡眠薬とはそもそも何?睡眠薬を理解しよう!

睡眠薬,処方,通販,市販

 

睡眠薬と聞くと、一般的にはネガティブなイメージをお持ちのかたが多いと思いますが、睡眠障害を患っている方からすればなくてはならない治療薬です。

 

本来であれば人は眠りたいときに睡眠をとり、日々の生活のために疲労を回復させますが、仕事の疲れやストレス、人づきあいなどで不規則な生活を送っているうちに、

眠りたいけど寝付けない

寝てもすぐに目が覚めてしまう

自分が希望する時間よりも早く起きてしまう

十分な睡眠をとっているはずなのに起きた時に疲れや倦怠感がある

などの症状が出てしまいます。

 

睡眠不足が続くと、脳や体を十分に休めることができず機能が低下してしまいます。

睡眠薬,処方,通販,市販

 

こうなってくると、日中の眠気や集中力の低下、イライラしたり疲れが抜けなかったりと日常生活に支障をきたすことになります。

 

場合によっては、仕事上のミスやとんでもない事故を起こしてしまう恐れもあります。

 

また、睡眠不足が続くことでホルモンの分泌や自律神経の働きが乱れてしまい、体調不良や生活習慣病の原因になってしまったりします。

 

こういった症状などの治療に用いられるお薬が睡眠薬です。

 

不眠に悩む人が多いのにもかかわらず、日本における睡眠薬の使用率は、男性で約4%弱、女性で約5%とほとんどの方が使用していないのが現実です。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

睡眠薬は怖いと思ってしまい、薬を飲むぐらいだったらお酒を飲んで寝る方がいいなどの誤解をしていらっしゃる方が多くいます。

 

睡眠薬は使用法を間違わなければ決して危険なお薬ではありません。

 

お薬のことを正しく理解したうえで服用すれば、睡眠の質が改善されると同時に眠れないことのストレスからも解放されます。

 

主に使用されるお薬の種類は2種類あります
睡眠障害の治療に使用されるお薬は、

ベンゾジアゼピン受容体作動薬

メラトニン受容体作動薬

この2種類に分類されます。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

薬物療法の対象となる睡眠障害は、
週に3回以上の不眠が4週間以上続き、眠気や倦怠感などが原因で生活の質を下げてしまっている場合
とされており、これに該当する方の治療に睡眠薬の投与が開始されます。

 

一昔前の治療薬といえば、バルビツール酸系の睡眠薬が使用されていた時代もありましたが、量を増やしていかないと効かなくなってしまう「耐性」や薬を飲まないと眠れなくなってしまう「依存性」がありました。

 

そのため、「耐性」や「依存」が軽減された「ベンゾジアゼピン受容体作動薬」が主に使用されています。

 

また、不眠の程度が比較的軽い方には「メラトニン受容体作動薬」も使われるようになりました。

 

このように睡眠薬は日々進化し、安全に服用できるお薬の種類も増えてきています。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

睡眠薬全般の効果

睡眠薬の効果
睡眠薬には種類があり、それぞれに特徴があり、効果に違いがあります。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

ベンゾジアゼピン系
病院で多く処方されている種類です。ベンゾジアゼピン系は、GABAという脳内の中枢神経を抑えて、伝達物質の作用を強くする効果があります。

 

この作用が、脳内を正常にするため、不安な気持ちや緊張感を改善してくれます。そのため、自然な睡眠ができるようになります。

 

バルビツール酸系とは作用方法が異なります。脳に直接作用させるバルビツール酸系とは違うので、重い副作用は起こりづらくなっています。

 

また、継続的にベンゾジアゼピン系睡眠薬を服用していて、急に服用を止めてしまうと、より強い不眠症状の『反跳性不眠』が起こることもあります。

 

そのため、服用を止める場合は、必ず医師に相談してください。

 

非ベンゾジアゼピン系
病院などでも処方されることが増えはじめています。

 

非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系を改良した睡眠薬です。睡眠効果はベンゾジアゼピン系とほとんど変わりません。

 

副作用で起こる筋弛緩を抑え、眠気や頭痛などの症状が出づらく改良されています。

 

副作用が出にくく改良されているため、睡眠効果は弱くなっております。そのため、重度の不眠症には効果があまり期待できません。

 

非ベンゾジアゼピン系は『超短時間作用型』しかありません。超短時間作用型は、入眠障害に効果があります。

 

バルビツール酸系
現在では、バルビツール酸系を処方されることはほとんどありません。数十年前まではバルビツール酸系が使用されていました。

 

バルビツール酸系の特徴は、直接脳に作用することです。直接脳に作用するため、高い睡眠効果があります。

 

睡眠効果が高い分、副作用も強く出てしまいます。呼吸に関わる副作用が起こるため、大量に服用すると死に至る可能性があります。

 

バルビツール酸系睡眠薬が睡眠薬のマイナスイメージを作ってしまったのです。十数年前と比べると睡眠薬は安全なものに改善されています。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

 

睡眠薬を使うメリット

睡眠薬を服用してでも寝ることで多くのメリットがあります。

 

睡眠不足を改善することで病気を予防
睡眠不足が続くとさまざまな病気と関係があると言われています。

 

血管が硬くなり、詰まってしまう動脈硬化や高血圧など、長い期間不眠症が続いている場合は、睡眠薬を使用してしっかりと睡眠をとることで、動脈硬化や高血圧になることを防ぐ可能性があります。

 

睡眠と体重の関係
睡眠は、体重の増減にも影響を与えます。

 

不眠症が続いているとグレリンという満腹感に関係している物質が増えはじめます。

 

グレリンが増えると、食欲旺盛になります。そうなると体重は増加していきます。不眠症改善が一番のダイエット効果があると言えます。

 

睡眠薬,処方,通販,市販

睡眠薬全般の副作用

睡眠薬,処方,通販,市販

 

睡眠薬 副作用や飲み方、飲み合わせ、注意点

 

睡眠薬は用法・用量を正しく使用すれば安全なお薬です。しかし、睡眠薬には依存性や副作用の症状などがあります。

 

睡眠薬は脳の中枢神経に作用するため、副作用や依存性の症状などといったリスクがあります。

 

睡眠薬を服用することが習慣になってしまうと、睡眠薬を服用しないと寝れなくなってしまいます。

 

依存性が強いので、睡眠薬の服用を継続していると、適用量では効果を得られなくなるため、服用量を増やさなければ寝れなくなってしまいます。

 

睡眠薬の服用量が増えていくと、認知機能の低下や記憶障害など起こることがあります。睡眠薬を多量に服用していると肝臓に負担をかけてしまいます。

 

長い期間睡眠薬を服用していると、肝機能が正常のに働かなくなると、肝硬変などになりやすくなります。

 

また、睡眠薬を長い期間服用している場合は、急に睡眠薬の服用を止めてしまうと「離脱症状」が起こる危険性があります。

 

睡眠薬の正しい服用方法
睡眠薬の効果は、服用してから早い方で10分ほどで効果があらわれます。そのため、睡眠薬を服用するときは寝る準備をしてから服用してくだい。

 

また、睡眠薬は多数種類があり、短期型であれば3~4時間の作用があります。

 

睡眠薬の飲み合わせ
睡眠薬はアルコールと一緒に服用してはいけません。

 

アルコール摂取後に睡眠薬を服用すると、睡眠効果が強く出てしまう可能性があります。睡眠薬とアルコールを一緒に服用すると翌朝に眠気が抜けない場合があります。

 

他にも、ふらつきが起きるなどの症状があらわれることがあります。

 

また、コーヒーやお茶などに含まれているカフェインと睡眠薬も飲み合わせが悪いです。カフェインには覚醒作用があります。

 

睡眠薬と飲み合わせが悪いのが胃腸薬の『シメチジン』です。

 

併用すると、睡眠薬の効果が強くなるため、副作用も強くなります。めまい・幻覚・幻聴などが副作用であらわれることもあります。

 

もちろん、睡眠薬と胃腸薬を一緒に服用しても副作用があらわれないものもあります。常用している薬がある場合は、必ず医師に相談してください。

 

睡眠薬の注意点
睡眠薬を服用する際に、自分の判断で服用量を増やしてしまうことはしないでください。睡眠薬を服用する場合は、アルコールと一緒に服用すると薬の効果が強く出すぎてしまうことがあります。

 

効果が強く出るということは、副作用も強く出る可能性があります。

 

また、睡眠薬を服用する前後にコーヒーやお茶などカフェインが含まれている飲み物を飲まないようにしてください。

 

カフェインには覚醒作用があります。睡眠薬を服用した場合は、車の運転をしないでください。

 

睡眠薬にもよりますが、効果があらわれるまで30分程度です。睡魔に襲われるため、交通事故を起こす危険性があります。

 

睡眠薬,処方,通販,市販